カテゴリ:娯楽情報( 6 )

児童買春を伝えるにおいて



私が考える 児童買春を伝えるにおいて絶対的にしてはいけないことは
同情をひく事だけで終わらせないこと である。

「かわいそう」と思わせる気持ちは、聞く人の一瞬の心を惹くけれども、次の瞬間には忘れてしまうのである。

それではどうしたらいいのか?
私自身が、様々な人たちと今まで児童買春について語ってきて云えることは
それぞれの人に合わせた興味のある分野から、児童買春にいきつかせる方法である。

旅行に興味があれば、旅先での話から、
下ネタに興味が在れば、日本人の性の観念の変化の仕方から今日の児童買春の話を持ってくる。
国際関係に興味があれば、日本が国際化するにおいて様々な問題を現在も尚有している。日韓問題、戦争問題、そして東南アジアでの児童買春も一つの問題であると

そのような話につなげることによって、そのジャンルに興味のある人はもっとそれを詳しく知りたくなる。
その結果論として、児童買春の現状を知り、日本人が東南アジアで未だに買っていることを知る。

そういう知らせ方をすれば、それを知った人は またその人の知人に話をするだろう。

ただ可哀想 で終わってしまえば、 そこから伝わることは 児童買春=可哀想でしか残念ながらなかった。効果があまり得られないのである。

それぞれの人が自分にあった問題の捉え方をしてもらってこそ、多くの人に活動の内容を知ってもらえる。
そういう広がりをこの児童買春と言う問題は有しているのだ。

もちろん私が基盤にしている理念は、「日本人、そして日本に住む人たちが児童買春をしなくなること」であるが、それを伝えるためには多様性が必要であり、多用な知識が必要なのだと思う。

ただ、児童買春をがむしゃらに研究しているだけでは、伝わるものも伝わらない。
たくさんのつながりをつくり、その中で興味の和を自分たち自身も広げて行き、その中で児童買春との接点を見つけて行く。

じつは児童買春と言う問題を扱う中で、そこが一番の自分自身の面白いと感じるところでもある。(面白いといったら語弊かもしれないが。)

なので、これを見た人は是非実践してもらいたい。w
[PR]
by sunproexpo | 2005-08-07 04:57 | 娯楽情報

ほっとけないproject

c0070509_339183.gif

あなたはこのプロジェクトをしっていますか?

広報も理念もとても上手なプロジェクトで、理に叶ってると思う。

俺らも、目的を果たすためには 理にかなった動きをしないとね★

自分タチのしたいことの意志をかため
自分たちにしかできないことだからこその魅力をたかめ

いろんな人達に賛同してもらえるようなことをする。

それがsun piccolo projectもできる活動やと思う。
[PR]
by sunproexpo | 2005-07-26 03:40 | 娯楽情報

sunpro の名前の由来。

どうも。名古屋のsouheiです。
先日、某記者からこんなものが送られてきました。
c0070509_13313396.jpg

当方、一切関与しておりませんのであしからず。

ということで、今日は何故 さんぷろ →sun piccolo project
という名前で私達が活動をやっているのか
 このサンプロの名前の由来を書いてみたいと思います。

サンプロが作られた今から3年前、別府で独り悩んでいました。
団体を作るにあたって何か名前を付けなければいけないが、いい名前も浮かばない。
サークルの提出期限は明日だ。

さて、そうしたときにふと思いうかんだのはsun picoでした。
sun pico というのは、私がすんでいたマンションの愛称で、これを頭文字に何か付け加えよう。 ということをふと思い浮かびました。
pico...pico... イタリア語の長年愛用している辞書をとりだしてpicoの欄をめくると、piccoloという言葉がでてきました。
音楽をやっていた人なら分ると思いますが,piccoloというのは、音楽用語では小さな音で弾くという意味なのですが、隠語として子どもという意味があるんですね。

これに太陽をつけて、

子どもは誰でも太陽のような存在であるべきだ。

という意味をふくめて、sun piccolo project

ということになってしまったのですね♪その後、長いので、sun proという愛称が着きました。なので、san proではなくsun proなのです。
そしてsun picoでもありません。

一時期ややこしいとあちこちから怒られましたが、こんなback groundがあるんですね。
[PR]
by sunproexpo | 2005-06-09 13:37 | 娯楽情報

ひろいせかいをみるのだ


最近ものすごく頭が冴えている。

なんでだろうかと考えてみたのだが思い浮かぶとしたら
ものすごくいろんなことをしているから
としか思えない。

おそらくこれは何に対してもいえるとおもうのですが
視野を広くもつこと
これ ものすごく大事なことかもしれません。

一つのものに集中してしまうと、たしかに仕事ができている気がしますが
実際大衆うけしなかったり、理にかなっていなかったりすることがよくあります。

映画の『ピンポン』じゃないですが「ひろい せかいを みるのだ」
と敢えて云いたい。

せっかく、東京や大阪という環境で普段大分では会えない人たちに会えるのだから
いい経験をしてきてください。
たくさんの人間としゃべってきてください。
サンプロの企画の肥やしにゼッタイになるはずです。
俺は一月に500人以上のヒトに会うくらいの勢いで今うごいていますが、
これがまたいい。毎日たくさんの刺激をもらっています。

まぁ、金もかかるけどね 泣 トホホ
c0070509_2295823.jpg

[PR]
by sunproexpo | 2005-03-06 02:30 | 娯楽情報

かっこよくなりたい。

c0070509_131387.jpg

さて、なにをいっているんだ 的場創平と思われるかもしれない

今日いろいろなヒトにあってきた。

やっぱりNPOとかNGOの印象ってどちらかというと
ダサいんだよね。

実際、俺が関わっているNPOの職員とかって
格好がよくない。。。どちらかというと流行にのっていない。

団体の顔である以上、やはり憧れじゃないけど、全体的な顔にならないと
いけない部分ってあるんだろうなぁーと思った。

サンプロはわりかしおしゃれな子が多いからその点では安心ですが
俺も気ぃつかわないといけないなぁと思いながら
ダさい自分にためいきをつく。

そんな一日でした。あい。
[PR]
by sunproexpo | 2005-03-06 01:33 | 娯楽情報

こどもの「ども」 について

c0070509_95556100.jpg
「子供の“供”は蔑称であるからひらがなで書くべきである」と主張する人たちもいるのだが、本来、供は単純に複数を意味するものであるから、漢字とひらがなをまぜて書く「子ども」という表記はおかしい、と主張する人たちもおり、論争となっている。

「子ども」表記は共産党や女性団体などに多く見受けられており、そこからのうけうりだったのですが、まだまだ論争は続いているそうです。

やっぱり多角的視野から物事をとらえないと、頭ごなしに
これはいかん あれはいかんっていう考えはだめだなと。。。何ごとにおいても


←昔つくったレジュメの表紙:なつかしい。。。
[PR]
by sunproexpo | 2005-03-04 09:56 | 娯楽情報