カテゴリ:その他地域での動き( 10 )

Sun Piccolo Project京都支部高嶋から連絡。

京都で休学中の高嶋晋平です!

今日立命館大学の友達に頼んで、以学館、清心館のラウンジ、国際関係の校舎(名前忘れた笑)にDMを置いたりはったりしてもらいました!!
あと、その友達の所属するサークルの部室(?)とゼミの研究室なるところにも置いてきてくれたそうです!
全部無許可でおけるところらしいんで!
                       こんな感じで↓
c0070509_24937100.jpg



あと、今日あるイベントに参加したんですが、そのときにアルファステーションの専務さんや、オンキョー㈱営業本部ポータル推進部コンテンツ企画課・課長さんやら、ecotone(地域環境デザイン研究所)の代表さんをはじめ、京都の大学生や現役アナウンサーなど、ほんまにいろーーんな人にDMを配ってきました!興味もってくれてたのでよかったです!

また京都のほうで機会があればいろんな場所にDMを置いてきます。
[PR]
by sunproexpo | 2005-07-28 02:50 | その他地域での動き

うちのしんぺいちゃん。

c0070509_19114697.jpg

うちの団体のしんぺいちゃんがブログにて万博の宣伝をしてた。

ブログって たまにようわからんヒトとかの足跡が残ってたり 変な言葉でむやみやたらに検索されてたどり着いちゃうことがあるよね。

僕s0uh3yの個人ブログで一番多いヤフー検索のhitはなぜか「老人の性」
それだけ興味があるヒトがいるっていうことか。

先日、YDのwork shopのほうの田中氏から老人の性についての調査レポートを頂いた。

隠された部分であるから、人びとが知らないと思うところが多いし
常識ととららえられていることが実は無根拠からなりたっていた
 という発見が多いのがこの性というジャンルである。


しんぺいちゃんがここの書き込みで語っているが
重要なのは 無関心でいないこと。

それは確実にそういえる。
[PR]
by sunproexpo | 2005-07-15 19:11 | その他地域での動き

京都から晋平です。

どうもどうも。

最近唇の皮がむけそうでむけなくていらいらしている、京都支部の晋平です。

京都から連絡です。

肩の手術休暇を利用して、京都を中心に色々と動き回ったりしてるんですが、僕の知り合いのお店とか団体とかでよかったらDMを置いてきます、とそうへいさんに言ってみたところ、DMを名古屋から僕のところに送ってくれるそうです!!

なので、いろんなところにDM置いてきます!!

あざぁす!!(ありがとうございます!)


これがDM↓
c0070509_21314564.jpg
[PR]
by sunproexpo | 2005-07-14 21:32 | その他地域での動き

りつうじ。ばなし。

そういえば、ここで少し触れられていましたが 僕自身からは話していませんでしたが
先日京都の宇治市にある立命館宇治高校でサンピッコロプロジェクトの講演会を
してきました。

僕s0uh3yも出張と称し朝から3時間かけて車で向かいました。

久しぶりに高校生と絡む。 600人規模で会場へ見に来てくれました。
c0070509_1293266.jpg


いやぁ 最近の高校生は 俺らの高校生のときとはまた違いますね。
なんか卒業してまだ4年しかたっていないのに、えらい昔のことに思えて
ちょっとかるぅ~くカルチャーショックを覚えてしまいました。

二十路のオヤジには、跨げない世界が そこにはありましたよね 確実に。はい。

でも、やっぱり思い出に残してほしいし ただ聞いたっていうだけで終わってほしく
なかったもので、久しぶりに語りモードに入って 聞かせてきましたよ。


c0070509_12103156.jpg
うちのサンプロのメンバーとも久しぶりに合流。
いやぁ~ 知らない子多すぎる。 たぶん、7割は 知らないメンバーなんじゃないかな w
よく これでいままでやってきてるよ ほんとに。

8月19日の本番には、宇治高校でツアーを組んで見に行きます っていう確約もしてしまいました。 ありがたいことだぁ~ね。

こういった輪を自らでもどんどんひろげていくことに意義があると思うから

今日もs0uh3y氏は動きます。
c0070509_12101512.jpg
[PR]
by sunproexpo | 2005-07-12 12:10 | その他地域での動き

エイズ

どうも。s0uh3yです。
名古屋は今日も雨ですよぉ〜〜
アジア・太平洋地域エイズ国際会議が3日に開催されていた。
本当は、去年行なわれるはずで、出席予定だったのだがSARSの影響で延期してしまったため
でる機会を失ってしまっていたが、ようやく開催されていたみたいだ。

そこで
親がエイズで死亡した「エイズ孤児」が推計で約150万人にのぼる
ということが発表された。
また、親がエイズウイルス(HIV)感染者であるために差別を受けたり、家族の生計を得るために働いたりしている子どもも約350万人にのぼるらしい。

asahi.comによると、エイズ孤児は 
『インド、タイ、カンボジア、ミャンマー(ビルマ)などで多く、中国での増加も懸念されている。

 一方、同地域の子どもでHIV感染しているのは12万1000人で、04年の新規感染者数は4万7000人にのぼる。 』

ということで、僕らがフォーカスしている日本人の観光客が児童買春をする東南アジアの主要地方である、タイ、カンボジアも依然としてあってきている。

カンボジアなんかは、一時期はエイズは売春婦しかかからない病気といわれて、偏見があったりと正しいエイズにたいしての知識がないことが問題にあがっていた。

しかし。 
よく考えてみて下さい。
僕達、日本人もエイズに対しての正しい知識をもっているのでしょうか?
エイズには、普通に性交するよりも口腔のほうが感染しやすいことを知っていますか?
コンドームのきちんとした付け方は知っていますか?

実際、こういうことって誰に教えてもらえばいいんだろうか?
学校では、教育委員会がヴァギナという言葉を性教育で使っただけで糾弾してしまっている状況。
家庭では、 そんなん教えている家庭はあるのだろうか?

「私は適度にエイズについてしってるよ」
という人は、本屋で是非エイズについての本を開いてほしい。
なんて無知だったのだろうか?
ということに驚かされるはずだ。
僕自身も、上記のことをしったのはつい最近である。

無頓着

これが一番恐い。
エイズにしても、児童買春に関してもしかりだ。
[PR]
by sunproexpo | 2005-07-07 19:51 | その他地域での動き

ジェンダーフリーってなんぞや?

ジェンダーフリーってなんぞや?

あなたはどんな性教育を受けましたか?

むしろ学校で性教育を受けましたか?

最近、ジェンダーフリー教育は否か!?ということでどうも政府機関の皆様方はモメているようです。
どんなことでもめているかというと
どこまでがジェンダーフリーなのか?というところ らしいんですね。
フリーにしてしまったら、学校で「水泳の時間に着替えるときも同じ部屋にしないといけないのではないか?」とかいうような事を大まじめに相談しているみたいです。

おいおいって感じなんですが 
実際問題、ジェンダーフリーってどこまでがフリーなんでしょ?

世の中に男と女がいるかぎり、とりあえず違いをなくすことはできない わけですよ。
いえいえ、最近は男と女 そして中間層もいるわけですよね。
この中で 何故ジェンダーフリーという話がでてきたのか?

それは私が思うには、 あまりにも男寄りの社会ができすぎているのではないか
という不満が女性から出てきている いわばウーマンリブの動きの結果なのではないかと思うわけですよ。

つまり、社会の不平等を正そうっていうわけで、何が不平等かっていうのはまぁ仕事における性差別だとか 色々だと思うのですが、つまり男性から女性に対するsexualな差別 にたいしての不満。
それを解決したいと思ったんですね。きっと。
sexualな差別から平等な教育を目指したのがジェンダーフリーならば、むしろ世の中に男と女がいて、共生する事をテーマに学ぶ必要があると思うんですね。
別に、プールの時間に部屋を別々にしようが それは当たり前だと だれもが思うだろうし
それをいまさら議論をする余地もないでしょうが。という話ですね。

anyway...なにがいいたいかというと

お互いがお互いの性をもっと分ること。もっと他者への思いやりをもつこと

これこそがジェンダーフリーなんじゃないかなぁと思うわけですよね。

他者への思いやり を持つ事によって世界は変わります。
 俺らが扱っているこの児童買春 という問題も他者への思いやりがあれば必ず 解決できる問題だと思いますしね。
[PR]
by sunproexpo | 2005-07-05 22:14 | その他地域での動き

さいしょの一歩

ボランティアというものをしようとしたときに
あなたはどんな印象をうけますか?

かっこよさ?
だれかのため?
偽善? 

人によってそれはまちまちだと思います。
僕自身も最初はほんとにささいなことでした。

ボランティアっていうのは、日本語にどのように訳したらよいのでしょうか?
英語のvolunteerという意味には、自ら志願して行う というような意味がありますが、
日本語のボランティアと英語のvolunteerが同意語だとは僕自身は思えません。

ボランティアという言葉が、それ以上の言葉をふくんでしまっているからです。
しかし、その定義というものが いまだに日本にはありません。
言葉だけが飛んで行ってしまって、地に足をつけていない状況です。
だからこそ、人によって受け捉え方がまちまちなのではないでしょうか?
よく、
「日本にはボランティアという言葉が受け入れられるような土壌はない」
なんてことを耳にすることがあります。

たしかに、それもうなずけるところもあります。
昔の、村落共同体のような地域コミュニティが共生していたような時代には、今で言うボランティアというのは自ら進んでやらなくても、それは共同体の中では空気としてごく当然の事でしかなかったから。
それを、周りがしなくなって、 誰もしないなら私がしよう
ということで、はじめてボランティアという言葉が生れてしまった という過去があるのではないか?と考える。

人のために生きることって 人間にとって難しい。
やっぱり、自分が一番かわいいし 自分の快楽をまず求めてしまう。
自分の快楽が、他者を手伝うことと一致したときの行為を ボランティアと呼ぶ。
そうすることによって、今ある偏見をなくすことができるのではないだろうか?

今現在、愛知万博でも多くのボランティアスタッフの人達が働いている。。
今まで名古屋になかったくらいのボランティア需要と供給が高まる中で、このボランティア
という言葉についてあらためて考察する機会が必要なのではないだろうか?
[PR]
by sunproexpo | 2005-07-05 22:12 | その他地域での動き

最近のnewsより

タイ国籍の少女を売春あっせん業者に売り渡していたとして警視庁は、神奈川県愛川町中津のタイ人ホステス、ピンゲーウ・グリッサニー容疑者(24)ら2人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(人身売買)などの疑いで逮捕した、と4日発表した。同庁によると、外国人の人身売買をめぐって、同法の人身売買条項を適用するのは全国で初めて。少女は約500万円の借金を背負わされており、月3万円の家族への仕送り分と生活費しか受け取っていなかった、という。
(朝日新聞web http://www.asahi.com/national/update/0704/TKY200507040198.htmlより抜粋)

久しぶりに、日本で海外の子どもを売春させているニュースが出てきた。
少女は13才で、東京近郊で働かせられていたらしいが、供給しなければいけないような需要があったということはこの事件からも充分見て取れるだろうし、氷山の一角でしかないことは分るだろう。

僕達sun piccolo project(通称:さんぷろ)がやろうとしていることは、現地にいる子どもたちを少しでも救うことでも、援助して小学校をたてるというような事でもない
すべて 日本で できること です。

それは、今回このように 海外から借金のカタに 売られてきた(通称traffickingと呼ばれる行為です。)子たちに対して何かする よりもむしろ、買った人たちに かわせないようにする 
事のほうが先決なのではないでしょうか。
たしかに、今回の顧客はわからないかもしれない。
しかし、彼女らとsexした人達は再び探し求めてくるだろう。

そこで、その前に世間でstopさせなければいけないのではないだろうか?
だれもいわないなら、俺らが言ってやるよ。

というような ことをさんぷろでは しているわけですね。

今、今回発覚した少女らはタイ近辺の保護施設にいるみたいなんですが、一度彼女らが受けた
トラウマはそう簡単には癒されません。

そうやって多くの子どもを傷つける前に、まずこの需要と供給の流れをstopさせなければいけないのではないでしょうか。
[PR]
by sunproexpo | 2005-07-05 11:57 | その他地域での動き

タイから帰国しました。

サンプロリーダーの瑛美です。タイの報告が遅れてしまってごめんなさい。
今月11日にメンバー6人、無事に帰国しました。
タイでは夜の歓楽街に行って撮影や取材をしたり
障害のある子どもたちがいる施設を訪問しました。
チャイナタウンのスラム街で子どもたちと触れ合う体験もしました。

「国際協力はまずその国の人と友だちになることから始まる」

このことを経験を通して改めて実感し
「~してあげたい」という一方的な押し付けの国際協力ではなく
「一緒にやっていく」という本当の意味での国際協力の重要性を感じました。

この経験が万博はもちろん
メンバーのこれからに生かされることを願います。

c0070509_18263079.jpg

[PR]
by sunproexpo | 2005-06-19 18:26 | その他地域での動き

国境なき子どもたちから届いた資料について

今日「国境なき子どもたち」からお願いしていた映像資料が届きました。
写真は10枚、ビデオは今ちょっと見られないので後日確認します。
写真を見たい人はえみたまに言ってください。送ります。
でも、内容的には足りないかなと思うのでほかの団体にも資料交渉していきます。
[PR]
by sunproexpo | 2005-03-05 14:01 | その他地域での動き